加古川中央ロータリー・クラブ

会長挨拶

加古川中央ロータリークラブ 会長 髙山 昭則

2019-20年度
会長
髙山 昭則

 2019~2020年度RI会長マーク・ダニエル・マローニー氏は、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。と述べておられます。
 そこで、私たち加古川中央ロータリークラブも、奉仕活動を通じて、貧困、差別、非人道的行為、環境破壊といった難問に直面している世界の人びとを理解しましょう。
 私たちは、奉仕活動を通じて、若い世代の人びとと接点を持ちましょう。
 そして、私たちの支援を必要とする人びととの繋がりを持ちましょう。一番大切なことは、関心を持ち続けることです。我々が目を向けてゆけば、きっと状況を変えてゆく事が可能ではないかと考えます。この目的達成のために、ロータリー年度や任期を超えた、持続可能な発展を目指して活動を始めましょう。
 テーマは、「結から舫いへ」今年度の目標にしたいとおもいます。
 会員のみなさんのご協力をお願いいたします。

重点項目

  1. 魅力ある例会づくり
  2. 地区補助金プロジェクト事業
    「児童養護施設入所者の職業体験学習と発表・交流会」
  3. 加古川中央ローターアクトクラブの活動支援
  4. 長期戦略委員会で、永続的持続可能なクラブづくりを始動

歴代会長紹介

17-18年度 大西 淳滋郎
テーマ:アンパンマンの精神
18-19年度 松本 浩一